脱毛

光脱毛の仕組みはどうなっているの?

出典:イラストAC

こんにちは!脱毛マニアの美香です。

脱毛サロンに行ったことがない人だと、光脱毛がどういう仕組みでムダ毛処理をしているのかわからない人もいると思います。

なので、光脱毛の簡単な説明をしようと思います。

光脱毛の仕組み

光脱毛は、毛周期というムダ毛が抜けてから生えてくるまでの周期があります。

この周期にあわせて脱毛をしていく事になります。

光脱毛の光はメラニン色素の「黒色」に反応して、脱毛をしていきます。光が照射されると、ムダ毛の毛根がダメージを受けるので、スルッと抜けるようになります。

光を定期的に照射し続けることで、細胞自体がダメージを受け続けることになるので、ムダ毛を作る力が少しずつ弱くなっていきます。

その為、6回程度通う事でムダ毛が細くなったり、人によっては生えてこなくなったりします。

光脱毛の種類は?

光脱毛の種類は大きく分けて3つあります。

それがSSC脱毛、IPL脱毛、SHR脱毛の3つです。

SSC脱毛は、主にミュゼとかが採用している脱毛方法で、専用のジェルを脱毛箇所に塗り、その上から光を照射する事で脱毛をしていく方法です。

IPL脱毛は、医療クリニックで採用されているレーザー脱毛と似ていて、光を直接ムダ毛に照射する事で脱毛をしていく方法です。

SHR脱毛はまだ採用しているサロンが多くないですが、ストラッシュとかが採用している脱毛方法です。

SSC脱毛やIPL脱毛と違い、バルジ領域という場所に光を照射してダメージを与えていく方法です。

このバルジ領域というのは、ムダ毛を生成するのに重要な役割をしている箇所なのですが、ここに直接ダメージを与えるので、ムダ毛の復活しづらくなるのです。